沿革

本会のあゆみ
1907年(明治40年)高松市歯科医師会創立
(明治39年に制定された歯科医師法の歯科医師会規則の細則に従って歯科医師会設立の申請書を提出)
1928年(昭和3年)「ムシ歯予防デー」(「歯の衛生週間」前身)
毎年6月4日をムシ歯予防デーとし口腔衛生普及運動を開始
1970年(昭和45年)休日診療開始
1975年(昭和50年)社団法人 高松市歯科医師会発足
1976年(昭和51年)高松学校歯科医会発足
1970年(昭和54年)高松市歯科医師会、香川支部と合併
1980年(昭和55年)高松市救急センター新設
1981年(昭和56年)全校医制の導入を実現
身障者の平日診療開始
1989年(平成元年)在宅身障者診療開始
1992年(平成4年)在宅寝たきり者老人訪問歯科診療開始
口腔衛生指導開始
1996年(平成7年)社団法人 高松市歯科医師会20周年
2001年(平成13年)高松市歯科医師会 シンボルマーク決定
2003年(平成15年)夜間救急歯科診療開始
2004年(平成16年)日本障害者歯科学会認定施設に指定
2005年(平成17年)社団法人 高松市歯科医師会30周年
2012年(平成24年)高松市の補助金を受けて高松市歯科救急医療センター耐震工事完了
2013年(平成25年)公益社団法人 高松市歯科医師会発足